インフラエンジニアの求人情報検索

 

インフラエンジニアの転職

インフラエンジニアの転職

昨今のIT業界ではクラウドコンピューティングの浸透などにより、インフラエンジニアは需要は高いと言えます。企業も人材確保をしたいと考えている為、インターネット関連企業や、通信機器メーカー等の求人数は多めです。企業におけるビジネスはネットワークの構築が必須で、サーバーを扱うインフラエンジニアの必要性が高まっているのです。


転職活動は自身のキャリアパスをしっかり考える時間でもあります。PG・SE・PMという流れだけではなく、キャリアパスは多様化しています。

インフラエンジニアとしては、スペシャリストとして業務に携わっていくのか、リーダーや管理職への昇進を目指すのか選ぶことになるでしょう。どの道が正しいということはなく、自身のキャリアパスをどのように考えるかによって将来を選択することになります。

 
 

インフラエンジニアに必要な技術

インフラエンジニアに必要な技術

インフラエンジニアには、絶対に必要な資格はありません。もちろん技術向上の一環で資格を目指すのは良いと思います。

提供するサービスにもよりますが、現在でWindowsサーバよりも、Linuxなどのオープン系技術が求められています。中でもLinuxのカーネルハック、Apacheのチューニングなど、高度な技術を身につけている人は企業から求められているでしょう。また、クラウドサービスを実現する技術は、必須と言えます。PHPやPerlなどを使ったWEBアプリケーションの開発経験などがあると、転職の際にも優遇されます。

ソーシャルサービスの普及や、クラウドコンピューティングの浸透を考えると、よりマルチな方向の技術や知識が必要になってくるでしょう。

持っている技術や知識を最大限に活かして転職活動をするなら、転職エージェントを利用して、企業に自分の特徴を詳しくアピールするのが効果的です。企業とのマッチングについても、本当に自分を必要としてくれる企業を探すには、転職エージェントを利用するのが近道です。

 

オススメ転職エージェント情報

レバテックキャリアはコチラ

まずはエンジニア専門の転職サポートで高い評価を得ているレバテックキャリアの紹介です。

レバテックキャリアは、企業の業務内容や、企業が欲している人材の情報をヒアリングして、それを元に求職者との理想的なマッチングを実現しています。インフラエンジニア等の専門性の高い職業において、このサポートを受けるメリットは計り知れません。

一人で行う転職活動では、業界や企業の情報収集に限度がありますが、レバテックキャリアのアドバイザーにサポートしてもらうことで、得られる情報の量をかなり増やすことができるでしょう。

主に東京近辺の転職サポートを得意としており、企業とのコネクションを活かしての非常に強力なサポートが期待できるでしょう。

 

リクルートエージェントはコチラ

二つ目に紹介するのは、大手リクルート系列の転職エージェントであるリクルートエージェントです。

リクルート系列の強みである企業とのパイプを活かした圧倒的な求人数を誇り、全国から海外までの広い範囲でサポートを受けることができます。

レバテックキャリア程の特化性はありませんが、業界や地域の専任スタッフが様々なサポートをしてくれます。

そのサポートは、応募書類対策や面接対策、企業との条件交渉など多岐に渡っていて便利です。

過去の転職支援者数業界1位を誇る、万能の転職エージェントであると言えます。